人工歯根を使った歯の治療

歯のチェック

人工歯根とはチタン製の人工の歯根であり、一般的にはインプラントと呼ばれている。歯科医院のインプラント治療は人工歯根を顎骨に埋め込み、その上に義歯を固定して歯を再生させる。埼玉の歯科医院ではインプラント治療が行われており、1本30万円から50万円程度で治療ができる。インプラント治療は保険外になるので料金は高くなるが、入れ歯と比べると大きなメリットが得られる。埼玉の歯科医院でインプラント治療を受けると、入れ歯のように取り外しは不要になる。本物の自分の歯と同じような感覚で生活をすることができ、食事もおいしく食べられる。頑丈なチタン製の人工歯根を使用するため、硬い食べ物も問題なく食べられるようになる。

歯根とは歯の根っこのことである。虫歯や歯槽膿漏が進行すると歯根が腐ってしまい、やがて歯が抜け落ちてしまう。歯根がなくなった場合には、部分入れ歯を装着することになる。埼玉の歯科医院では、健康保険を使った部分入れ歯での治療も可能であるが、保険外のインプラント治療を受けることもできる。埼玉の歯科医院でインプラント治療を受けると、部分入れ歯を装着せずに新しい歯を再生することが可能になる。インプラント治療では、チタン製の人工歯根が使用される。チタンは強度があり、軽くて錆びない金属である。極めて丈夫なチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込むため、治療の効果は一生涯に及ぶ。インプラント治療を受けることにより、丈夫な歯で一生を過ごせるようになる。